日本動きの学習協会(JMA)について

日本に「動きの学習」という文化を


人が動く、この当たり前で、とても大切なことをどれだけ多くの人が理解しているでしょうか?普段あたりまえにしている「動き」ですが、いざ動けなくなったとき、自分で動けるありがたさがわかります。

 

私たちは医療やケアの現場で、多くの動けない人と関わらせていただきました。その中で多くの人が、動きを誤解しているために、自分を痛めたり、傷つけたり、あきらかに逆効果になっていることも少なくありません。鍛えるという発想はもちろん悪いことではないのですが、私たちは赤ん坊のころから身体を鍛えることではなく、「動きの学習」することで歩けるようになったのです。

 

いくら力があっても、その力の使い方を誤ると、自分を壊すのです。いくら努力しても、その方向性があっていないと効果がでません。動きを学ぶこととは、自分を知ることでもあります。自分を知ることで、もっと小さい力で動けることに気づき、また自分を知ることで、今までしていた相手との関わりがお互いに苦しいものだったと気づきます。

 

私たちは沢山の経験の中で動きができない人に、動きの学習を提供してきました。まるで、歩けなったか赤ん坊がまた歩けるように、身体を鍛えなくても動ける人をたくさん見てきました。それは鍛えるとは逆のまったくアプローチです。

 

何かをしてそれが上手くいかない場合、自分がダメのではないのです。自分のやっていたことが上手くいかないだけです。やり方を変えれば自分の新しい一面を再発見できるのです。動きの学習を深めて沢山の人が自分の可能性を広げて行くことを望んでいます。

 

知識や権威ではなく「実践」を重視する


「知っている」と「できる」はまったく違う次元です。知っているからといって、できるとは限りません。私たちの協会は知っている知識をいかに実践するかということにこだわっています。

 

知識だけ持っていても、実際に使う場合、私たちは自分の体を使って相手に触れ、動きを手伝う必要があります。そこが上手くないと知識を十分に使うことはできません。どんな難しい知識を持っているかよりも、実際に利用者や患者に役に立てることを重要視します。

 

何かのアプローチの資格を持っていても、結局は個々の人が関わります。人と人どうしの関わりなのです。資格や言葉にこだわるのではなく実際に現場に立って、柔軟に個々の関係を捉え動きが困っている人に役に立てる人材を目指します。