他団体のキネステ教師の方へ


教師になることに興味がある人もご覧ください

私たちはお互いに尊重でき、純粋に学びたい気持ちがあれば、コース受講の参加は大歓迎します。

ですから資格を持っているからと、コースの参加を遠慮されないでください。

キネステ教師だから拒否することはまずありません。

 

学習したことは、ご自分のコースの中で反映していただいたら嬉しく思います。

名前や流派が違うから言って、お互いに否定しあうのではなく、よりお互いに学び合い発展していくことを望みます。

 

私たちは「動きの学習」という文化が日本に広がることを目的としています。

ですから、私たちのコースを受けた生徒や養成コースの教師は自己責任において、他の教育を受けることや他の教師と活動することにおいて制約はありません。

キネステを私物化するのではなく、皆で共有し楽しく学びあえたら嬉しいですね。

 

キネステはあくまで道具です。私たちはどんな道具が正しいかを主張するよりも

使う人そのものがお互いに成長していきたいと思います。

 

他の団体でも一緒に教育に関わりたいという人も一度ご相談ください。

もちろん、コースにもお気軽にご参加ください。

 

JMA認定キネステティク教師について


ワークブックなどのロイヤリティーはいただきません。


団体にもよりますが、キネステティクを教える教師は自分の年会費に加え、参加者に対して一人当たり5千円を超えるワークブック代というロイヤリティーを支払いコースを開催しているのではないでしょうか?

(仮に20人の参加であれば、コースを開催するのに10万円を超えるロイヤリティーを所属団体に支払う必要があります。もしくはそれ以上です )

 

数万円の年会費とワークブック代となると教師として一体いくら年間に費用がかかるでしょうか!?

頻回にコースを開催するのではあれば、その額は計り知れません。

 

しかしながら、あらかじめそのようなことを明確にはっきりとホームページに明記しているキネステティク団体はJMA以外に存在していません。

 

(現在の教育団体では、セミナーを開催して教える資格の事を、教師、ファシリテーターなど呼ばれています。団体により名前に違いがあり、言葉にこだわりはそれぞれあるかもしれませんが、ここでは「セミナーを開く活動をする立場」を総称して日本語としてわかりやすいように教師と呼んでいます。)

 

このようなことをセミナーに申し込んで、学んだ後やセミナー中に説明するのでなく、やはり最初にはっきりと提示しておくのが、生徒と教師が互いに尊重しあえるのに大切な部分の一つだと思います。

 

そもそも私たちJMAはロイヤリティーなど教師に対して請求するものではないと思っています。

 

もちろん、過去にインターネットが発達していない時であれば、製本された高額なワークブックを購入し、それを使うことが必要だと言えるかもしれません。

 

今は時代が変化し、データーで送付できるようになりました。印刷も容易にできます。私たちのセミナーでは最新のワークブックをPDFにしてお配りします。それを各自コピーして何冊でも作成して構いません。つまり必要な経費は印刷代だけです。私たちはワークブックから利益を得ることはありません。(ワークブックの作り方などはもちろんサポートします。とても簡単で一冊30秒ぐらいで作れます)キネステ業界ではこのワークブックの購入が実質ロイヤリティーとして機能しています。しかし実際のところ必要ありません。

 

この結果、ワークブック購入に関する手続きをなくし、経費を最小限に抑えることでコースを開催することがより容易にできるようになりました。また発注ミスなのでワークブックが足りなくて困ることもなくなります。作ればいいのですから。

 

またご自身が所属している病院や施設での院内研修や教育カリュキュラムを行う場合、参加費が発生するだけで開催するハードルが上がるものです。その際は稟議が必要なく、開催ができる可能性も増えます。

 

コースを一般向けに開催される場合にも、参加者の負担軽減のため、受講料からワークブックの料金を減らすこともできます。もしくはその分教えている教師の収入や経費になればどれだけ運営が楽になるかは想像できると思います。

 

またコースは2日間を基本としているため、開催がより容易になり、教師自身の休みの負担も減らし、また参加者の参加しやすい形になっています。

 

私たちは教師を仲間として扱いたいのです。私たちは権利を私物化して対価を得るのではなく、実際の教育により対価を得ます。そして組織のため組織ではなく、教師がそれぞれ活躍できる、教師のための組織とその仕組みを作りたいのです。

 

     

他団体でもJMA認定キネステ教師になることができます


他団体で資格を持っている方は、JMA認定教師の資格を得ることができます。

 

特に私の経験から過去、現在ににキネステティクス®️の講師だった方に対しては

ある一定のレベルの教育を受けていると判断させていただきます。

 

資格は現在喪失していも構いません。

また現在の何らかのライセンスを保持したままでも構いません。

つまりキネステティクス®️を保持したままでも

JMAの認定教師になることは可能です。

 

普通自動車免許とタクシーの2種免許を持っているようなものです。

同時に同じ車を運転はできませんが、状況により選択肢が広がり

その場に適したライセンスを使えます。

 

 

もちろん、JMA教師になるための

教育は受けていただくことになりますが、

最短で3日間の受講で可能になります。

受講費用も最初から全カリュキュラムを受けるようも安くなります。

(もちろん全カリュキュラムを参加したい人はそれも可能です) 

 

その際により専門的なハンドリングから

コースの概要までサポートいたします。

 

上記でも書いていますが

私たちのコースにはロイヤリティー制度はありません。

 

キネステのコース経費負担なく開催が可能です。

興味のある方はご相談ください。

 

▶︎▶︎▶︎なんでもお問い合わせからお気軽にどうぞ