キネステ教師の方へ


皆が楽しみにながら学べるキネステティクに


私たちはお互いに尊重でき、純粋に学びたい気持ちがあれば、コース受講の参加は大歓迎します。

 

資格を持っているからと、コースの参加を遠慮されないでください。

純粋に学びたい気持ちがあれば、他団体のキネステ教師だから拒否することはまずありえません。

 

学習したことは、ご自分のコースの中で反映していただいたら嬉しく思います。

名前や流派が違うから言って、お互いに否定しあうのではなく、よりお互いに学び合い発展していくことを望みます。

 

私たちは「動きの学習」という文化が日本に広がることを目的としています。

 

これからもお互いに尊重し合いながら学び続けていきたいと思います。

 

それが私が「キネステティク」を学んできた一番の宝です。

 

キネステはあくまで道具です。

道具の正しさばかり訴えて、他者を否定することは

「人を育てる」という教育から外れています。

 

私たちはどんな道具が正しいかを主張するよりも

 使う人そのものがお互いに成長していけることを大切にしたいと思っています。

 

実際、現在も他団体の教師がたくさん学んでいます。

自分だけ?とは思わずにもし気になればお問い合わせください。

 (プライバシーも守ります。)

 

皆さんのコースの参加者や教える人が幸せになればそれが一番大切です。

楽しく学んで、みんな笑顔ならばそれでいいと思っています。

 

もしJMAキネステティクの団体の中で学びたいと思われる方

何らかの理由で活動できない方がいらっしゃればお気軽にご相談ください。

 

 

何にせよ、楽しんで学びましょう!!

 

 

JMA認定キネステティク教師について


ロイヤリティー『ゼロ』宣言!!


 

教師として数万円の年会費とワークブック代や教科書代では、一体いくら年間に費用がかかるでしょうか!?

頻回にコースを開催するのではあれば、その額は計り知れません。

 

はっきり言ってとても高額です。

 

その金額にも関わらず、あらかじめそのようなことを明確にはっきりとホームページに明記しているキネステティク団体はJMA以外に存在していません。

 

お金に関してしっかりとお伝えする。それがまず教師が参加者を尊重する一歩だと思います。

 

良い言葉ばかり並べても結局は「行動」に真意が出るものです。

 

質の高い教育は、その対価を得るのは当然です。ただロイヤリティーに関する説明もなく、教師を募集し、また場合によって、セミナーが終わる頃に説明を受けるということは、参加者を大切に扱っているようには思えません。

 

参加者を尊重するのならば、受講料と同じように、最初の募集段階からはっきりと明示させておくことが必要ではないかと思います。残念なことに、他団体のホームページには、ほとんどその記載がありません。高額な請求に関わらず、事前にこられらの負担が生じることを伏せています。

 

(現在の教育団体では、セミナーを開催して教える資格の事を、教師、ファシリテーターなど呼ばれています。ここでは「セミナーを開く活動をする立場」を総称して日本語として「教師」と呼んでいます。)

 

私達はロイヤリティーを教師に対して一切請求しません。

 

私たちは教師を仲間として扱いたいのです。

私たちは権利を私物化して教師から利益を得るのではなく、実際の教育により対価を得ます。

 

組織のために教師が犠牲になるのではなく、教師がそれぞれ活躍できることを支援する、教師のための組織とその仕組みを作りたいのです。

 

JMA教師の活動の興味のある人は、お気軽にお問い合わせください。

 

より、多くの人にキネステティクが届くように。

皆さんのお力をお貸しください。